PR
Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
発行物紹介
【 今を生きる50人の女たち 】
月刊パリッシュ
Kazu’s profile
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
    ホスピタリティ
    0
      松島湾のカモメ。ちょっとひと息いれてくださいな。やっぱり海はいいーー



      出張でよくホテルを利用します。
      ロビーに入った瞬間にそのホテルがわかります。
      ホテルマンの表情、ロビーの空気がすべてを語ってくれます。
      翌朝までの滞在時間を心地よく過ごせそうかーー
      まっ仕方ない。我慢しようかっ。――
      決して豪華な調度品や家具があるかないかーではなく、
      ホテルの空気が気持ちよいか悪いかなのです。
      ホテルばかりでなく、飲食店も同じですね。
      ドアを開けて入った瞬間に「おっと失敗したかもー」なんてことは
      よくあることです。
      この空気とはなんなのか?
      それは、その場に流れる“スタッフの気(心)”なのです。
      お客様に喜んでいただこう!と心から思っているホテル(店)のスタッフたちであれば、
      当然“当たり前のこと”をします。
      笑顔でのお出迎え、行き届いた清掃、美味しい料理への追求。
      いつも同じことを繰り返してやっていると、
      この“当たり前のこと”を忘れてしまうのかもしれません。
      ホスピタリティ=おもてなしの心それはどんな仕事にも通じるものです。
      どうしたらお客さまに喜んでいただけるのかーー
      考え続け、実行し続けることです。
      お客さまにとって気持ちのいい空気を作っていくことは、私たちの大事な仕事
      ですから。

      パリッシュ総研の次回のテーマは「ホスピタリティ」
      ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」元代表取締役社長の
      稲田直太氏をお招きして、「技術の時代からホスピタリティの時代へ」を
      テーマに語っていただきます。
      商売・事業をのばすホスピタリティの心の元は何なのか?
      一緒に考えてみたいと思います。

       http://blog.goo.ne.jp/polishsoken

      参加希望の方はコチラへ ↑


      ポチっとヨロシク→【人気ブログランキング社長部門】
           ありがとう♪  (*゜▽゜)ノ
      posted by: Kazu’s profile | - | 17:32 | comments(1) | trackbacks(2) |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 17:32 | - | - |
        コメントさせて頂きます。

        お店に入った時の空気。わかります。そこに入ったときにとても気分が良くなったり、悪くなったりします。

        飲食店だけでなく、事務所でもそうですね。働いている人の気によって、働く気力が出るものです。ホスピタリティとはちょっと違いますけど、誰にとっても気持ちいい空間って大切にしたいものです。
        | TOM | 2006/10/25 9:52 PM |









        この記事のトラックバックURL
        http://polish-kazu.jugem.jp/trackback/13
        トラックバック
        2007/03/28 11:07 AM
        -
        管理者の承認待ちトラックバックです。
        -
        2008/02/23 7:56 PM
        -
        管理者の承認待ちトラックバックです。
        -